中性脂肪の数値が高い理由から治療と対策を紹介!

当サイトに訪問してくださり、ありがとうございます!

 

今、このサイトを見ている人はおそらく健康診断や病院などで中性脂肪が高いと言われたことがあるのではないでしょうか。

 

中でもお酒や脂っこい食べ物が大好きだったり、忙しくて運動する時間が無いという人は特に心配になりますよね。

 

中性脂肪とは脂質の一種で、甘いものや炭水化物、動物性脂肪の多い食べ物を摂りすぎると数値が高くなり、肥満や動脈硬化のリスクが高まります。

 

中性脂肪が高い人は食事内容を改善したり、適度な運動をする習慣をつけることが心筋梗塞や脳梗塞などを予防するために大切です。

 

当サイトでは、中性脂肪が高い原因、改善方法、おすすめのサプリメントを紹介しています。

 

参考になりましたら嬉しいです。

 

中性脂肪が高い原因って何なの?

中性脂肪が高い原因は肥満や遺伝などいくつか考えられますが、中性脂肪が高い一番の原因は「暴飲暴食」です。

 

白米や白パンなどの精製された炭水化物や、お菓子や清涼飲料水、アルコールなどの摂り過ぎは、中性脂肪やコレステロールの数値を高める大きな原因となります。

 

特に炭水化物は過剰に摂取すると、消化しきれなかった分が中性脂肪を作り出す材料になってしまいますし、アルコールの摂り過ぎも脂肪分解酵素の働きを低下させるので中性脂肪が高い原因となります。

 

お酒を飲むと食が進みやすくて、つい食べ過ぎてしまうということもあります。食事のときは腹八分目までを心がけるようにしましょう。

 

他にも、運動不足や煙草の吸い過ぎも原因として挙げられます。

 

運動不足でエネルギーの消費が少ないと、余ったエネルギーは脂肪として体内に蓄えられやすくなりますし、煙草を吸い過ぎると血液中の脂肪酸を増やしたり、善玉コレステロール濃度が低くなってしまいます。

 

このような生活習慣の乱れが、中性脂肪が高い原因だと言えます。

中性脂肪が高いのってどんな食べ物が原因なの?

「健康診断で中性脂肪を高いと指摘された」その原因となる食べ物にはどんなものがあるのでしょう。

 

もしかしたら、日々の食事の中で知らない間に摂取しているかもしれません。それが分かれば、あなたの高い中性脂肪を改善する効果が期待できます。

 

中性脂肪を高くしてしまうのは、お菓子やジュースなどの砂糖を多く含む食べ物や果物などに含まれる糖質、肉類やから揚げなどの揚げ物に含まれる脂質、ご飯やパンなどの食べ物に含まれる炭水化物です。

 

甘い食べ物や脂っこい食べ物、ご飯やパンが多い食事ばかりしているとコレステロールや中性脂肪が高い原因になるので食生活の改善が必要です。

 

また、ビールや焼酎などのアルコール類も摂取しすぎると脂質の合成を進めてしまいます。もともとアルコールは糖質が高い食品の一つですので、飲みすぎないように気をつけましょう。

 

また、忙しいからという理由で外食やコンビニ弁当ばかり食べている人は、気づかないうちに糖分や脂質を多く摂取してしまう場合があるので気を付けましょう。

 

 

中性脂肪が高いのって遺伝のせいなの?

中性脂肪が高いのは遺伝とは関係ないと思っている人も多いのですが、たばこやアルコールに次いで遺伝の影響も大きいと言われています。

 

ですが、もし親が中性脂肪の値が高いからといって嘆く必要はありません。ほとんどの場合は食事内容や生活習慣により大きく値が変化するからです。

 

例えばアルコールやたばこを控え、適度な運動やバランスのとれた食事をしていれば、数値は正常な範囲内におさまりやすくなります。

 

ですから一概に遺伝と結びつけて考えるのもよくありません。両親のどちらも数値が低いからと言って安心していると、中性脂肪が高いといわれてしまうかもしれません。

 

中性脂肪を低くするためには適度な運動やバランスの良い食事が大切ですが、調理で使用するオイルにも気を使ってみましょう。

 

エゴマ油に含まれるαリノレン酸は、血液をサラサラにする働きがあるDHAやEPAを体内で合成させることができるので、コレステロールや中性脂肪が高い人はエゴマ油を活用してみましょう。

 

中性脂肪が高いのに痩せている理由ってなんで?

中性脂肪が高いのに痩せている人は意外と多く見られます。太っている人に多いイメージがありますが、体重が少なく痩せている人でも数値の高い人が最近増加しています。

 

脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類が存在します。太っている人は皮下脂肪が多いため、見た目でもはっきりとしていてわかりやすいのですが、痩せているのに中性脂肪が高い原因は、糖分の摂りすぎだったり実は内臓脂肪がついている可能性が考えられます。

 

高い中性脂肪や内臓脂肪は食事内容との関係が深く、脂っこいものや甘いものが大好きな人、炭水化物をよく食べる人、お酒をよく飲むという人や普段から大食いだという人は特に可能性が高いです。

 

また、バランスの良い食事をしていて痩せているのに数値が高い人は遺伝の影響や、すい臓や甲状腺の疾患が考えられるので病院を受診するのも良いですね。

 

痩せているのに中性脂肪が高い人は、見た目ではなかなか分かりにくいものです。定期的に健康診断で血液検査を受けるようにして、自分の数値をチェックする習慣を付けましょう。

中性脂肪が高いのにコレステロールが低いのって何故なの?

食事内容の乱れなどにより脂質が増えると言っても、中性脂肪は高いけどコレステロールは低いという人もいます。

 

これは脂質異常症と呼ばれる症状で、中性脂肪の数値が高いのに対し、善玉コレステロールが低い状態です。

 

脂質とは主にコレステロールや中性脂肪のことで、本来は細胞を構成する成分のひとつとして欠かせない成分ですが、基準値を超えてしまうと動脈硬化をはじめとした重大な疾患に繋がってしまいます。

 

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールが存在しており、悪玉コレステロールの値が高いと血流が悪くなり、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが高まります。

 

また、善玉コレステロールは血中の悪玉コレステロールを肝臓へ運び出す働きがあり、善玉コレステロールの値が低いと動脈硬化のリスクが高まります。

 

中性脂肪が高い状態を放っておくと善玉コレステロールの減少につながるので、適度な運動をしたり、血液サラサラ成分であるDHAやEPAが豊富な青魚を食事に取り入れることによって中性脂肪を下げましょう。

 

中性脂肪が高いとどんな症状がでるの?

中性脂肪が高い場合、目立った症状は出ません。知らない間に数値が高くなり、気が付いたときには脂質異常症になっていたり動脈硬化を引き起こしたりしてしまうのです。

 

中性脂肪の値が高いと心筋梗塞や狭心症、脳出血などのリスクが高まります。

 

これらの病気の原因は動脈硬化ですが、血管がもろくなったり血液がドロドロしていたりという症状は目に見えないものなので、自覚症状がほとんどありません。

 

動脈硬化はサイレントキラーとも呼ばれ、放っておくと命に関わることもあります。

 

中性脂肪が高い主な原因は食事内容や運動不足といった生活習慣の乱れですが、遺伝が原因となっている場合もあります。

 

遺伝の場合はひじやひざ、指に黄色のコブが出たり、アキレス腱に違和感を覚えるといった症状があります。近親者に中性脂肪の値が異常な人がいる場合は注意してみましょう。

 

また、肥満体型でなくても値が高いことがあるので、痩せているからといって油断せず、特に運動不足だったり乱れた食生活をしている場合は定期的に検査を行うようにしましょう。

 

 

中性脂肪が高いとどんな病気になるの?

病院や健康診断などで「中性脂肪が高い」と指摘されると「何らかの病気になってしまうのではないか」と不安になりますよね。

 

実際には中性脂肪が高いからと言って今すぐに病気になるということはなく、高い状態が続くことでじわじわと様々な病気へ向かっていくようなイメージです。

 

はじめは脂質異常症と言われる高脂血症を引き起こしやすくなります。

 

高脂血症とは、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎることで起こるもので、自覚症状がないまま悪化していく傾向があります。

 

そうなると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの死につながるような怖い病気を引き起こす場合があります。

 

このようにならないためにも、「中性脂肪が高い」と指摘されたら、食事内容を改善していくことが大切です。高カロリーのものは控え、肉の代わりにDHAやEPAが豊富な魚を食べると良いです。

 

また、運動不足も中性脂肪が高い原因となるので、ウォーキングなどの適度な有酸素運動を定期的に行うのも効果的です。

中性脂肪を改善する方法ってあるの?

中性脂肪が高いと気になり始めたら、早めに改善するのが様々な病気の予防に効果的です。

 

加齢と共につきやすくなる中性脂肪は、一度ついてしまうとなかなか落とすのが難しいです。

 

高い数値を下げるためには何よりも食生活を改善することが重要です。ごはんやパンなどの炭水化物や、糖質が多い食べ物は中性脂肪が高い原因の一つなのでなるべく控えましょう。

 

また、食事は肉よりも魚を積極的に食べると良いです。特にマグロやサバなどの青魚にはDHAやEPAといった栄養素が含まれており、このDHAとEPAは血中の中性脂肪を減らして血液をサラサラにする効果が期待できます。

 

魚が苦手だったり、毎日食べるのが難しい人はDHAやEPAが配合されたサプリメントを利用すると効果的です。

 

適度な運動を行うことも重要です。激しい運動をする必要はなく、散歩などの有酸素運動がおすすめです。運動によって中性脂肪がエネルギーとして消費され、数値を下げる効果が期待できます。

 

高いときは食事をどのように変えるべき?

中性脂肪が高い場合、食事内容の改善が必要です。

 

中性脂肪の値が高い場合、夜遅くに食べている、脂っこいものを好んでいる、お腹いっぱい食べている、間食が多いということが考えられます。

 

このような食事方法は健康に悪く、血液がドロドロする原因となるので控えましょう。

 

また、からあげや天ぷらなどの揚げ物や、脂っこく高カロリーの食べ物は夕食時にはなるべく食べないようにしましょう。

 

夜になるにつれ、人間の体は消費エネルギーが減ってくるからです。もしどうしても食べたい場合は、朝や昼間に食べると良いですね。

 

魚やヨーグルト、豆乳、野菜、きのこ、海藻などは低カロリーで食物繊維が多く、中性脂肪を下げるのに効果的な食べ物です。

 

食物繊維が豊富な食べ物は血中の脂質や糖分を排出させやすくする働きがあるので、積極的に摂ると良いです。

 

中性脂肪が高い数値を示してしまった人の中には、甘いものや脂っこい食べ物が好きな人が多いのではないかと思いますが、これを機に食事内容を改善しましょう。

どんな食品が良いの?

中性脂肪が高い時、どのような食品をとったら良いのか気になりますよね。

 

食事に気を付ける、ということはわかっていても具体的に何が良いのかわからないことがあります。

 

中性脂肪が高い時はまず、てんぷらや揚げ物は控えましょう。油を多く使う揚げ物はカロリーが高く、必要以上のエネルギーを摂取して中性脂肪を溜め込む原因となります。

 

また、動物性脂肪の多い肉類や乳製品、糖分の多いごはんなどの炭水化物も数値を高めてしまうので食べすぎないように注意しましょう。

 

高い中性脂肪を改善するにはマグロやカツオなどの青魚がおすすめです。青魚にはDHAやEPAという栄養素が豊富に含まれており、DHAやEPAは中性脂肪を下げる効果が期待できます。

 

熱に弱い栄養素ですので、焼き魚より刺身で食べるとより効果的です。魚の脂に多く含まれるので、赤身よりもトロなどの脂が乗った部分を食べるようにしましょう。

 

具だくさんのお味噌汁は食物繊維が豊富な野菜をたくさん摂りやすく、毎日でも食べられるメニューですので、おすすめです。

 

中性脂肪が高いときのおすすめサプリメントはこちら

中性脂肪が高い人にはDHAやEPAが配合されたサプリメントが効果的ですが、どんなサプリメントがあるのでしょうか。

 

そこで、おすすめのサプリメントの中から値段が安い順にランキングを作成しました。

 

サプリメントを試してみようと思っている人は、参考にしてみてくださいね。

 

 

きなり

きなりは品質基準について厚生労働省から認められたGMP取得工場で安全を重視して製造されています。

 

血管や血液に働きかける魚油を原料に使用し、あまり魚を食べない人でも高い中性脂肪の数値を改善する効果が期待できます。

 

魚臭さを軽減するためにオレンジを使用した製法で作られているので、ニオイが気になる人にもおすすめです。

 

  • 売上個数46万突破
  • 2015年モンドセレクション最高金賞受賞
  • 送料無料
  • 購入者の9割を超えるリピート率


価格 1日のDHA・EPA摂取量 評価
1980円 500mg 中性脂肪 高い 原因

 

大正DHA・EPA

大正DHA・EPAは血液サラサラ成分で知られるEPAやDHAが豊富に配合されており、中性脂肪が高い人におすすめです。

 

水に溶けやすいソフトカプセルを採用しており、溶ける時間が短く成分の体への吸収率も良いです。

 

アルミ製の個別包装で、酸化しやすいDHA・EPAの鮮度を保ったまま体に届けられます。

 

  • 送料無料
  • 低カロリー
  • 外出先でも便利な個別包装
  • 定期購入で特典が7つもらえる


価格 1日のDHA・EPA摂取量 評価
3600円 600mg 中性脂肪 高い 原因

 

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHAは、悪玉コレステロールを減少させる働きがある必須脂肪酸が豊富に含まれているので、中性脂肪の高い人にオススメですね。

 

直径3mmの溶けやすい小さなカプセルが成分を体にスムーズに吸収させてくれます。

 

製薬会社のノウハウを活かした安全な製法で作られているので、安心して飲むことができます。

 

  • 送料無料
  • 特許取得のシームレスカプセルを採用
  • 個別包装で持ち運びしやすい
  • 成分の酸化を防ぐ個別包装


価格 1日のDHA・EPA摂取量 評価
6480円 750mg 中性脂肪 高い 原因