高いときは食事をどのように変えるべき?

中性脂肪が高い場合、食事内容の改善が必要です。

 

中性脂肪の値が高い場合、夜遅くに食べている、脂っこいものを好んでいる、お腹いっぱい食べている、間食が多いということが考えられます。

 

このような食事方法は健康に悪く、血液がドロドロする原因となるので控えましょう。

 

また、からあげや天ぷらなどの揚げ物や、脂っこく高カロリーの食べ物は夕食時にはなるべく食べないようにしましょう。

 

夜になるにつれ、人間の体は消費エネルギーが減ってくるからです。もしどうしても食べたい場合は、朝や昼間に食べると良いですね。

 

魚やヨーグルト、豆乳、野菜、きのこ、海藻などは低カロリーで食物繊維が多く、中性脂肪を下げるのに効果的な食べ物です。

 

食物繊維が豊富な食べ物は血中の脂質や糖分を排出させやすくする働きがあるので、積極的に摂ると良いです。

 

中性脂肪が高い数値を示してしまった人の中には、甘いものや脂っこい食べ物が好きな人が多いのではないかと思いますが、これを機に食事内容を改善しましょう。

 

 

コレステロール高い

中性脂肪対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ