中性脂肪が高いのにコレステロールが低いのって何故なの?

食事内容の乱れなどにより脂質が増えると言っても、中性脂肪は高いけどコレステロールは低いという人もいます。

 

これは脂質異常症と呼ばれる症状で、中性脂肪の数値が高いのに対し、善玉コレステロールが低い状態です。

 

脂質とは主にコレステロールや中性脂肪のことで、本来は細胞を構成する成分のひとつとして欠かせない成分ですが、基準値を超えてしまうと動脈硬化をはじめとした重大な疾患に繋がってしまいます。

 

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールが存在しており、悪玉コレステロールの値が高いと血流が悪くなり、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが高まります。

 

また、善玉コレステロールは血中の悪玉コレステロールを肝臓へ運び出す働きがあり、善玉コレステロールの値が低いと動脈硬化のリスクが高まります。

 

中性脂肪が高い状態を放っておくと善玉コレステロールの減少につながるので、適度な運動をしたり、血液サラサラ成分であるDHAやEPAが豊富な青魚を食事に取り入れることによって中性脂肪を下げましょう。

 

 

コレステロール高い

中性脂肪対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ