中性脂肪が高いとどんな病気になるの?

病院や健康診断などで「中性脂肪が高い」と指摘されると「何らかの病気になってしまうのではないか」と不安になりますよね。

 

実際には中性脂肪が高いからと言って今すぐに病気になるということはなく、高い状態が続くことでじわじわと様々な病気へ向かっていくようなイメージです。

 

はじめは脂質異常症と言われる高脂血症を引き起こしやすくなります。

 

高脂血症とは、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎることで起こるもので、自覚症状がないまま悪化していく傾向があります。

 

そうなると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの死につながるような怖い病気を引き起こす場合があります。

 

このようにならないためにも、「中性脂肪が高い」と指摘されたら、食事内容を改善していくことが大切です。高カロリーのものは控え、肉の代わりにDHAやEPAが豊富な魚を食べると良いです。

 

また、運動不足も中性脂肪が高い原因となるので、ウォーキングなどの適度な有酸素運動を定期的に行うのも効果的です。

 

 

コレステロール高い

中性脂肪対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ